CDやDVDのRやRWメディアのトラブルの原因とトラブルを回避する方法

  1. 現在のページ : トップ
  2. データ復旧を自分で行う復旧支援サイト
  3. CD/DVD±R/RWトラブルと回避

RやRWメディアには寿命が有り、以前は正常にアクセス出来た物がアクセス出来なくなる物の多くは寿命が原因。

CD/DVD±R/RWのトラブルと復活

寿命によるトラブル
メディアには寿命が有りトラブル原因が寿命で有る事を多くの人は知らない。


RWは一時保存用
一時保存用に開発されたメディアで、重要データや長期保存には不向きなメディア


推奨メディアやドライブなどに付いて
寿命はメディアの品質とドライブとの相性などの書き込む方法により決定します。長期保存用推奨メディアやドライブ、ライディングソフトに付いて



CDやDVD復旧ソフト: Nero RescueAgent

 Nero RescueAgentはアクセス不能となったCD や DVD からデータ復旧出来るソフトです。Nero8〜9製品内に含まれるソフトで、マルチセッションディスクや、パケット書き込みにも対応でき、削除されたデータおよび古いデータを復元することができます。
★トライアル版には含まれていません
Neroホームページ



フリーソフト: Roadkil’s Unstoppable Copier

 Roadkil's Unstoppable Copierは障害のあるCDやDVD、フロッピーやハードディスクからファイルを取り出すことの出来るフリーソフトです。
Roadkil.Net: ホーム
Roadkil.Net: ダウンロード先



フリー復旧ソフト: CDCheck

 「CDCheck」は作成したCD/DVDが正常に読み込めるかどうかチェックし、読み取りエラーが発生したメディアから、データを復旧させる物で、経年劣化で読み取れなくなった古いCD/DVDなどの救済にも役に立つ。
またCD/DVDだけでなく,ハードディスクやUSBメモリーからのデータ復旧も可能だ。
CDCheck: ホーム
CDCheck: ダウンロード先


CD/DVD診断

●メディアには寿命が有り、寿命はメディアの品質やドライブとの相性と保管方法で決定します。

●多くの人はメディアに寿命がある事を知らない。また寿命の短さにビックリする。

★以前は正常にアクセスできた物がアクセス不可能となる原因は劣化による寿命が原因。


年数劣化≒寿命:
1.CDやDVDに書き込んだデータは、写真が次第に色あせて行く様に年数劣化します。
2.劣化により信号の判別が困難となった時点が寿命と言う事となりす。
3.寿命はメディアの品質や書き込みドライブ、書き込み時の設定などにより、数十日〜数十年と大きく変化します。
4.寿命を保証するメディアが存在しないのは、状況により大きく変化する事が要因です。
5.残念な事に、CDやDVDはデジタル信号である事から寿命は無く、永遠の物と信じている人が多い事です。



RWは一時保存用

一時保存用に開発されたメディア:
消去出来る分『記録層が不安定』で『書き込みが難しく』【寿命が短く】【書き込みミス】などのトラブルが起こりやすい。
この事から重要データや長期の保存には不向きなメディアです。


反射率が低い:
RWは結晶化により反射率を変える方法で書き込みを行います。Rは色素を焼き切る形で書き込むのに比べ、反射率が低く少しの劣化でも信号判別困難となります。
ROMの反射率を100とした場合、Rは60、RWは20とも言われています。


使い分け:
RWは直ぐに消去しても良い一時保存用
Rの安売りメディアは重要では無い中程度のバックアップ用
良質なRは重要データの長期保存用として使い分ける事が大切です。



太陽誘電製品は高品質

●推奨メディア:
メディアの品質で寿命は大きく変化します。重要長期保存バックアップには良質な国産メディアの使用をお勧めします。太陽誘電製を推奨


推奨ドライブ:
国際メーカードライブの使用をお勧めします。国産品は国産メディアを使用しテスト開発されています。その為、国産メディアとの相性が良い事がお勧め理由です。
ノートパソコンのドライブは性能が低い物が多く、重要な物の書き込みにはUSB接続の国産ドライブの使用をお勧めします。


ライディングソフト:
Windows標準の書き込み用ソフトの使用はお勧め出来ません。
書き込み用ライディングソフトは最低でも書き込み速度が設定出来る物を用意しましょう。



データ復旧.com: 50-3 Hongoushita Daishen-shi Akita-kin 019-1701,+JAPAN
 Tel:050-3458-5542   2014/06/23