CD/DVD-RWは一時保存用メディアで、寿命が短く重要データや長期保存には不向きなメディア

  1. 現在のページ : トップ
  2. データ復旧を自分で行う復旧支援サイト
  3. CD/DVD±R/RWトラブルと復旧
  4. RWは一時保存用メディア

CD/DVD-RWは一時保存用に開発されたメディアで、寿命が短く長期保存には不向きなことから一時的なメディアとして使い分ける必要が有ります

CD/DVD±R/RWのトラブルと復活

寿命によるトラブル
メディアには寿命が有りトラブル原因が寿命で有る事を多くの人は知らない。


RWは一時保存用
一時保存用に開発されたメディアで、重要データや長期保存には不向きなメディア


推奨メディアやドライブなどに付いて
寿命はメディアの品質とドライブとの相性などの書き込む方法により決定します。長期保存用推奨メディアやドライブ、ライディングソフトに付いて


信頼の低料金復旧会社

CD復旧が9,450円、安心の後払い
CDは9,450円、DVDは11,550円の料金は一律方式でこれ以上の料金は発生しません。また、安心の後払い制度となります。データ復旧サービス会社として10年以上のキャリアが有ります。


●特に他社で復旧出来なかったCDやDVDも確実に復旧出来ますので、気軽にご相談下さい。


○CDやDVDの他ハードディスク・メモリー・DVD映像・MOなど多くの実績が有り、重度な障害品からも確実にデータ復旧が可能でます。 何れもリーズナブルな料金で仮に復旧出来ない場合は全て無料となりますので、安心してご依頼頂けます。


★自分では復旧が出来ないと判断した場合は050-3035-6268迄ご遠慮無くご連絡下さい。


RWは一時保存用で注意が必要

RWは反射率は低い事が弱点

 CD/DVD-Rの書込は色素を焼き切る方式であるのに対し、CD-RWはディスクの構成素子をレーザーで熱し結晶構造を変え、【反射率を変化させる方法で記録】します。
そのため、ROMやRに比べて【反射率が低く、対応しないドライブ】もあります。また、少しの劣化が反射率低下となり、読み取りが困難となるリスクを負うメディアです。反射率はROMを100%とした場合、RWの反射率は20%以下と言われています。


弱点:
反射率が低いため、【対応しないドライブ】が有る【少しの劣化で読み取り不能】となる弱点が有ります。



CD/DVD±R/RW

強いレーザーが必要で書込速度が遅く、書込も難しいくミスも多い

 1.DVD-R場合最速書き込み速度は16倍です。DVD-RWは最高が6倍速書込で、書込速度が非常に遅いメディアです。
2.書込に強いレーザーが必要なため書き込みが遅い物です。
3.強いレザーを操作するため、記録ミスが発生し易いメディアです。



記録面の書き込みムラ

劣化が激しく一時保存用メディア

 1.RWは消去出来る分記録面は不安定で、劣化の激しいメディアです。
2.反射率が低い事から、少しの劣化でも読み込みが困難となります。
★【書き込みが難しくRに比べミスが多い】【反射率が低く読み込みが難しい】【劣化が早く寿命が短い】などから大事なデータの保存には不向きなメディアで一時保存用としての使用する事が正しい使用方法です。



CD/DVD診断

使い分け

 1.RWは直ぐ消去しても構わない物に使用。
2.安価な安売りRメディアは、長期保存では無い一時的なバックアップ用として使用。
3.良質なRは重要なデータの長期保存用メディアとして、それぞれ使い分ける事をお勧めします。


データ復旧.com: 50-3 Hongoushita Daishen-shi Akita-ken 019-1701,+JAPAN
 Tel:050-3458-5542   2015/03/12