トップ会社案内問い合わせ機密保持契約書メールサイトマップ

物理障害品と論理障害品を判別する方法

 ハードディスクが故障している物を【物理障害】 故障は無く、エラーによる障害を【論理障害】と言います。
例えばフォーマットを要求される障害の多くは(故障)物理障害が原因で、論理障害が原因の場合は少ない。
故障ハードディスクは読み書きが正常に行えない事から、ファイルシステムを壊し論理障害も併発する可能性が高い。
また、障害の進行が非常に早く、最悪な場合は復旧不可能となる可能性も有り、復旧作業はお勧め出来ません。
ハードディスクが故障していない事を確認し安全に作業を進めて下さい。

検査用ツールを使用、障害(故障)判別

こちらのツールを使用しハードディスクに故障が無い事の確認をお勧めします。
HITACHI製【Drive Fitness Test】はハードディスクの故障を検査する無料ソフトです。
全てのメーカーのハードディスクの検査が可能です。
ハードディスク用検査ツールはHDDの故障の有無を検査を行うソフトで、無料です。
DOSで起動しますので、Windowsが起動しないパソコンでも検査が可能です。
★ソフトのダウンロードや使用方法は「障害検査ツールの紹介」を参照して下さい。 
●USBやLAN接続外付けハードディスク検査はDrive Fitness Tesでは出来ません。     
Drive Fitness Test検査結果

BIOS画面で故障の判別

ハードディスクが故障の場合は【メーカー名】【型式】【容量】等BIOSでを正常認識しません。
● 【メーカー名】【型式】が認識されない場合は、【重度の物理障害品】と判定出来ます。
● 【メーカー名は認識される】が型式が【正常表示されない】場合や、【容量が異常】な場合は
  【ファームウェア等に異常】がある可能性が高いと判定します。 
★ この様にBIOSで【認識しない場合や異常表示】の場合は【100%故障品】です。
★ 全て正常に認識している場合でも故障している物が有り、良品とは限りません。
★ ツールを使用した検査をお勧めします。
BIOS画面でチェック
BIOSとは:使用するデバイスや起動方法、日付等を設定出来る画面の事で、一般的には「Delete」「F2」「F1」「Enter」キーを押しながら起動すると表示される画面の事です。起動方法はメーカーや機種により方法が違います。詳しく知りたい方はWEBで調べて下さい。

現象による判定

異音が有る場合:
電源投入直後「カタカタ」「ジャー」などの異音がある場合は100%の確率で故障品です。 (ビープ音がする場合も有ります。)
また、使用中異音と共にブルー画面となる場合や再起動する場合も故障品で障害の初期です。
(再び起動出来る場合は直ちにバックアップを取りましょう。) 
注意:異音が無い=良品とは判定出来ません。
フォーマットを要求される場合:
物理障害(故障)の可能性が非常に高い。(ウイルスの可能性も不定出来ない)
※故障のため、パーティション情報やファイルシステムを読めないために発生した可能性が高い。
(フォーマットにはバックアップ記述部分が有り、簡単に壊れる事は少ない。)
★ツールによる検査をお勧めします。
★慌ててウイルスチェックする事をお勧めしません。全ての復旧が完了した後にウイルスチェックを行う事をお勧めします。
フォーマットしますか
ドライブが消えた
Dドライブなどが突然消える場合: ケーブルに異常が無い場合は【物理障害の初期】の可能性が高い。
ウイルスの可能性も有るが、ウイルスチェックは復旧が完了してから行って下さい。
メッセージが出てOSが立ち上がらない
【Operating System Not Found】 【Invalid system disk】 【Fixed disk 0 failure】 【Disk Boot Failure】 【Hard disk read failure - press F1 to retry boot】 【No boot sector on hard disk - press F1 to retry boot】 【Insert System Disk And Press ENTER】
上記メッセージはハードディスクが認識されない場合に表示されます。
ケーブルに異常が無い場合は物理障害の可能性が非常に高い。
System Not Found
インページ操作の実行エラー  巡回冗長検査エラー(CRC)エラー
ファイルに正常にアクセス出来ない場合やコピー出来ない場合に表示されるエラーメッセージです。
【物理障害の初期】と判断されます。
★可能な場合は直ちにバックアップをとりましょう。
注意:スキャンディスクは絶対に行ってはいけません。
   ファイルを壊したり障害の進行を早める原因となります。
巡回冗長検査エラー
Valid XHTML 1.0 Transitional正当なCSSです!
データ復旧.com: 50-3 Hongoushita Daishen-shi Akita-ken 019-1701,JAPAN
Tel : 050-3458-5542  更新日 : 2015/07/02