区切り 区切り
データ修復のデータ復旧.com

OSが起動しないパソコンから簡単にデータ復旧バックアップ

区切り 区切り 区切り 区切り 区切り 区切り 区切り
  1. 現在のページ : トップ
  2. データ復旧を自分で行う復旧支援サイト
  3. ハードディスク復旧
  4. OSが起動しない状態からデータ復活

ハードディスク復旧を自分でおこなう

始めに!
絶対に行ってはいけない禁止事項

故障の有無を見極める
故障品の復旧は難しく、試行錯誤は最悪な状態を招き見極めが大切です。

障害の特徴
故障はしていないが、アクセス出来ない【論理障害】と、故障品が原因の【物理障害】に付いて。

復旧前準備
作業を行うPCの選択方法と手法に付いて

原因と対策
障害別の原因とその対処方法に付いて

削除した物を自分で復活
ごみ箱から削除した物をソフトを使用して復旧

フォーマットを実行したデータの修復方法
フォーマットした物やフォーマットを要求する物からデータを復活する方法

Officeファイルを修復する
マイクロソフト オフィスの文字化けした物など正常に開けないファイルを修復する方法

Windowsが起動しない物を復旧
Windowsが起動しない物から重要データを簡単に復活バックアップする方法

FINALDATA
FINALDATAの詳細が確認出来ます

FINALDATA体験版ダウンロード
体験版は次の場所でダウンロード出来ますが、実際の復元や修復は行えません




◆ データ復旧サービス会社とは

一般のパソコンサービスでは不可能な物でも可能とする会社です。高度な技術を駆使し、メーカーでも困難な物でも可能とする程です。近年データ復旧会社は非常に多くなりましたがその多くは仲介業者で、実際に高度な復旧を行っている会社はごく少数です。

当社はデータ復旧サービス専門会社として10年経過しました。★自分では復旧が出来ないと判断した場合は「050-3458-5542」迄ご遠慮無くご連絡相談下さい。

Windowsが起動しないパソコンからFINALDATAを使用し簡単にデータをバックアップする

CD-ROMから起動しデータを修復

Windowsが起動しなくなっ場合のデータ復活は、『別のPCにハードディスクを接続する』か『別ハードディスクにWindowsをインストールする』のいずれかの処置によりデータ復旧を行う必要が有りますが、 ここではCD-ROMからFINALDATAを起動し起動しなくなったPCのデータ復旧を行う物です。  

★CD-RAMからFINALDATが起動出来る物はFINALDATA8.0やFINALDATA9.0が必要です。

1.CD-ROMから起動するようコンピュータをセット

CD-ROMから起動するようコンピュータをセット、FINALDATAのCD-ROMを挿入しコンピューターの電源を入れる。    

★CDからの起動は
ESCキー、F12キー、などで起動出来る機種も有りますが、詳しくはマニアルの「セットアップユーティリティ」「BIOSの設定画面」「Sueup」の項目で説明されています。
リカバリディスクの使い方で説明されている事も有ります。

2.CDからブート画面

ブートが始まるとまもなく右の様な画面が起動する。


説明はファイナルデータ8.0ですがファイナルデータ9.0でも同様操作で復旧出来ます。

ブート開始初期画面
3.起動中

起動中・・・更に待つ

起動中
4.シリアル番号の入力

ファイナルデータのソフトに付属のシリアル番号を入力しOKをクリック

シリアルNOを入力
5.ドライブを選択

1.接続されている物理ドライブが表示されます。
2.復旧したいデータが含まれる物理ドライブをクリックしOKを押します。

ドライブを指定
起動 ドライブ選択
6.パーティションやフォーマット形式を選択

ドライブの中のパーティションが表示されます。
@復元したいパーティションを選びA選択を押します。

復元したいパーティションは開始位置やサイズなどで見分けます。

復元パーティションが表示されない場合は【形式を検出】をクリック【検索範囲を指定】見つける事も出来ます。

形式の選択
7.スキャンが開始
ファイルスキャン

1.ファイルスキャンが開始されます。
2.クラスタスキャンが開始されます。(キャンセルする事でスキップします。)

●クラスタスキャンには多くの時間を要します。(数十分〜数時間以上)

★クラスタスキャンはキャンセルする事でスキップ出来ます。
※復旧データが見つらない場合はクラスタスキャンを行います。

クラスタスキャン
8.検索が終了しスキャン結果画面が表示されます。

検索結果が表示されますので、復旧を希望するデータが有るかを確認して下さい。

検索結果
9.スキャン結果から復活データを選択し復元します。

@復旧をしたいフォルダやファイルを選択します。
A復元アイコンをクリック。
B【ディスク】をダブルクリックし【復元先のドライブ】と【場所】を指定します。
C【OK】をクリックするとデータの復元が開始されます。

●今回の説明は【復元先を別ドライブのディスク】に行う説明です。
●ネットワークを利用し【別PCにデータを復元】する事も出来ます。

※USBのメモリーやUSBハードディスクを復元先ドライブとして使用出来ます。
USBはFINALDATAを起動前に挿入して下さい。

スキャン結果から復元を行う
10.終了

@【ファイル】から【終了】をクリック。
A【はい】をクリック。

●しばらくするとCDトレイが開きます。CDを取り出しトレイを閉じます。
●その後約30秒で電源が切れます。お疲れ様でした。

終了
★ FINAL DATAは削除やフォーマットを行ったファイルを復元や修復出来るソフト ★

FINALDATAの詳細は次のホームで確認出来ます。 FINALDATAホーム:http://finaldata.jp/
体験版は次の場所でダウンロード出来ますが、実際の復元や修復は行えません。 体験版:http://finaldata.jp/download/download.html

データ復旧.com: 50-3 Hongoushita Daishen-shi Akita-ken 019-1701,+JAPAN
 Tel:050-3458-5542   2015/03/12