メモリートラブル原因とその回避方法に付いて・故障と寿命に付いて

  1. 現在のページ : トップ
  2. データ復旧を自分で行う復旧支援サイト
  3. メモリートラブルの原因や対策と復旧トップ
  4. メモリートラブルの原因と回避方法

フラッシュメモリーのトラブル原因は寿命以内の故障が大半を占め信頼性の低い記憶装置?

メモリー復活は自分で

トラブルの原因に付いて
メモリーのトラブルの原因とその回避方法に付いて

削除した物の復旧
メモリーから削除したデータや写真の復旧方法

フォーマット要求品の復旧
フォーマットした場合やフォーマットを要求されるメモリーからの復旧方法

メモリーの信頼性をチェック !!
メモリーの不良はスキャンディスクでは検査出来ません。MemoryCheck27を使用しメモリーの信頼性を検査しましょう。

FINALDATA
FINALDATAの詳細が確認出来ます

FINALDATA体験版ダウンロード
体験版は次の場所でダウンロード出来ますが、実際の復元や修復は行えません




メモリー復旧が9,450円、安心の後払い

メモリー復旧が一律9,450円の後払いで行います。データ復旧サービス会社として11年のキャリアが有り、ハードディスク・CD/DVD・DVD映像・MOなどの重度な障害品からも確実にデータ復旧が可能でます。
何れもリーズナブルな料金で仮に復旧出来ない場合は全て無料となりますので、安心してご依頼頂けます。
★自分では復旧が出来ないと判断した場合は050-3458-5542迄ご遠慮無くご連絡下さい。

フラッシュメモリー

フラッシュメモリーは帯電層に電気を貯める事で電源を切っても記憶が消えないメモリーの事です。デジカメやビデオカメラの画像や映像用として多く使用されています。パソコン用としてはUSBメモリーが普及し、気軽に使用出来る記憶装置ですが、故障が多く信頼性が今一つと言えます。
最近は大容量と共に低価格化が進み、その分信頼性の低い物も出回っているため、注意が必要です。

トラブルの原因

削除やフォーマットなどの【人為的ミス】や【ソフトウェアやOSの誤動作】の他、致命的な物に【破損による故障】が上げらる。
故障には【コントローラ損傷】【メモリチップの損傷】【不良セクタ】【接点破損】が有りどれも致命的で、故障頻度は高く信頼性が低い記憶装置と言える

★一番多いトラブルは不用意な取り出しによる物で、面倒でも正しい取り出し方法を実施する事をお奨め。
★カメラやビデオカメラは電源を切り、メモリーの挿入や取り出しを行って下さい。

安全な取り外し方法
故障or寿命

突然フォーマットを求められるのは不良セクタが発生した可能性が高い。
フラッシュメモリー寿命はメーカー発表で5万回〜50万回となっていますが、数千回以内の故障が非常に多く事は事実です。寿命が長くても故障が多いのでは、高寿命とは言えない。

バックアップ

フラッシュメモリーは安価で気軽に使用出来る記憶装置ですが、故障が多く重要データのバックアップには不向きです。仮に重要データを保存する場合は、ハードディスク等にもバックアップをとる事をお奨めします。
★静電気で一瞬でデータが消えたり、故障したりしますので、持ち運びにはキャップしたり、ケースに入れるなどの静電気対策が必要です。

暗号化

盗難防止用として暗号化が出来る物も有りますが、メモリーが故障した場合の復旧は難しく、データ 失う可能性が非常に高くなります。
暗号化した場合は別にバックアップをとる事をお奨めします。

使用上の注意

取り外しは【安全なハードウェアの取り外し】や【電源を切る】などの処置を必ず行って下さい。
WindowsVistaやWindows7は初めての接続時には必ずスキャンディスクを行いますが、その際エラーがある場合は、CHKファイルとして別名保存されます。
Vistaに接続したらファイルが見えなくなった現象はスキャンディスクにより、隠しファイルとして別名保存された物で、接続時には注意を払って下さい。

メモリーチェックのお奨め

メモリー内の不良セクタ部分にデータが書き込まれた場合はの【文字化け】や【正常に開けない】【コピー出来ない】等の現象が発生します。
不良部分を使用し初めて異常に気が付きます。また新品にも初期不良品が存在する事から、MemoryCheck27を使用しての検査をお奨めします。

★ まとめ:安全な正しい使用方法 ★

1.チェックの終えた信頼性の高いメモリーを使用。
2.挿入や取り外しは、安全な取り出しや電源を切る方法を必ず実施する。
3.重要データのバックアップには不向きな事を理解の上、ハードディスク等にもバックアップを設ける。
4.暗号化は出来るだけ避け、実施する場合も別にバックアップを設ける。
5.接点には直接触らず、きれいな状態保つ。
6.静電気には気を付け、キャプをする事やケースに入れて持ち運びや保管を行う。
7.WindowsVistaやWindows7への初めての接続はチェックディスクが実行され、エラーの有るファイルはCHKファイルとして隠しフォルダに別名保存される事が有り、注意が必要。
6.OSが不安定な時は取り外す。特にOSが不安定な時に、挿入したままでの再起動は非常に危険。

データ復旧.com: 50-3 Hongoushita Daishen-shi Akita-ken 019-1701,+JAPAN
 Tel:050-3458-5542   2015/03/12