MOやDVD-RAMのトラブル例と原因対策に付いて

  1. 現在のページ : トップ
  2. データ復旧を自分で行う復旧支援サイト
  3. MO・DVD-RAM
  4. MOやDVD-RAMのトラブルの例と原因

【メディアを認識しない】【フォーマットを要求される】【ファイルが正常に開けない】【別のMOとファイル内容が入れ替わった】などのトラブル原因に付いて

 

MOやDVD-RAMの復活は自分で

トラブルの例と原因に付いて
メディアを認識しない。フォーマットを要求される。などのトラブル種類と原因に付いて

正しい使用方法
使用方法に間違いがなければ、一番安全なバックアップメディア

削除した場合の復活方法
削除した物を自分で復活する方法に付いて

フォーマット要求品の復活方法
フォーマットした場合やフォーマットを要求されるメディアからの復活方法

FINALDATA
FINALDATAの詳細が確認出来ます

FINALDATA体験版ダウンロード
体験版は次の場所でダウンロード出来ますが、実際の復元や修復は行えません




 MO復旧が19,950円の後払い


MO復旧サービスを19,950円の後払い料金で行うデータ復旧サービス会社です。11年以上のキャリアが有り、認識しないメディアからも確実に復旧出来ますので 他社で復旧出来なかった物などは気軽にご相談下さい。

他のサービスとして、ハードディスク・メモリー・CD/DVD・DVD映像復旧など、重度な障害品からも確実にデータ復旧が可能でます。何れもリーズナブルな料金で仮に復旧出来ない場合は全て無料となりますので、安心してご依頼頂けます。
★自分では復旧が出来ないと判断した場合は050-3458-5542/迄ご遠慮無くお電話下さい。

物理破損とエラー

MOやDVD-RAMメディアトラブル原因には論理障害による【エラー】とセクタが破損する【物理破損】に大別されます。

エラーは:
 【人為的な物】【ソフトのエラー】【Systemエラー】の他【レンズやメディアの汚れ】などによる読み取りエラーが有ります。
※故障が無いエラーなどの障害を【論理障害】と言います。

物理破損は:
 磁気を失いデータ信号が無くなる【セクタ破損】が有ります。
※故障などの物理的に壊れている事を【物理障害】といいます。


光磁気ディスクとセクタ破損

MOやDVD-RAMは【光磁気ディスク】と呼ばれ、レザーをメディアに掃射しメディア温度を200度に上げ磁気を反転しデータを記録します。
【セクタ破損】はレザー掃射により温度が上がり過ぎた場合にその部分の【セクタが磁気を失しなう物】です。
セクタ破損はメディアの汚れやレザーレンズの汚などが起因する事が多い。

フォーマットしますか?

【フォーマット形式】【ファイル構造記述部分】を読めない事により発生します。

【書き込みミスによるエラー】または【セクタ破損によりデータ信号が失われた】の何れかによる物です。 ※セクタ破損の方が場合が多い。

★データを復旧した後にフォーマットを行って下さい。
★安易なフォーマットは大事なデータを消失する結果となります。

●メディアやドライブレンズは汚れていませんか? チェックして下さい。

今すぐフォーマットしますか?
メディアを認識しない。

現象:【メデイアを挿入して下さい。】【メディアの準備が出来ていません。】などのメッセージが有りメディアを挿入しているのにメディアを認識しない現象。

原因:セクタ0番地の破損が原因です。ドライブはセクタ0番他を読み取りメディアとクリーナーとの判定します。

●セクタ0番地を読めない場合は、メディアをクリナーと判断します。
●個人でのデータ復旧は不可能で、専門業者への依頼が必要です。

ディスクを挿入して下さい。
ファイルが正常に開かない。コピーが出来ない。

現象:【正常に開けない】【文字化けしている】【コピーが出来ない】【読み取り専用・・・】などのメッセージが出てデータに正常アクセス出来ない現象。

原因:【ファイル構造】にエラーがある場合と【実際のデータ】が正常読み取り出来ない場合の2種類が原因となります。
読み取り出来ない原因は、【エラー】のため正常に読み取り出来ない場合と【セクタ破損】のため読み取り出来ない場合の2種類となります。。
★多くはセクタ破損により、クロスリンクエラーが原因の事多い。

●復旧用ソフトで復元や復活出来る事が多いので、【メディアを読み取り専用】にして自分で復旧するのも1つの手段。
●自分で復旧が不安な場合は専門業者への依頼をお奨め。

コピーが出来ない
ファイル内容が入れ替わる

現象:メディアを入れ替えしたら、メディアの内容が【前のメデイア内容と入れ替わった】現象

原因:MOやDVD-RAMのファイルを開いた状態で、イジェクトボタンを押しメディアを抜き取り、別メディアを挿入した事が原因

防止対策:@MO(DVD-RAM)のファイルを全て閉じてから、メディアを入れ替えする。
 Aメディアの取り出しは【マイコンピュータ】→【MO(DVD-RAM)を右クリック】→【取り出し(J)】 をクリックし行うのが正しい安全な取り出し方法。
機械ボタンを押してのメディア取り出しは、OSがメデイアが取り出された事を判別出来ないためキャッシュしていたファイル内容を新しいメディアにを書き込んでしまう。

●復旧用ソフトで復元・復活出来るが高度な技術と熟練度が必要で、自分で復旧が不安な場合は専門業者への依頼をお奨め。

正しく安全な取り出し方法
MOやDVD-RAMは一番安全なバックアップ方法

MOやDVD-RAMはバックアップを目的に開発されたメディアです。気軽に使用出来事や寿命も長い事から、正しい使用法を用いれば一番安全なバックアップ方法です。
ハードディスク内のバックアップデータをMOやDVD-RAMにコピーし二重にバックアップする事で、より安全なデータ管理が出来ます。

データ復旧.com: 50-3 Hongoushita Daishen-shi Akita-ken 019-1701,+JAPAN
 Tel:050-3458-5542   2015/03/12