1. 現在のページ : トップ
  2. 自分でデータ復旧を行う
  3. データ復元用ソフト紹介

データの復元用ソフトやハードディスクの故障有無を検査するツール紹介


削除やフォーマットした場合にデータの復元を行うソフトやハードディスクとメモリーの障害の有無を検査するツール紹介


自分でのデータ復旧を支援するサイト
ハードディスク、メモリー、MO/DVD-RAM、CD/DVD±R/RW、DVD映像などの復旧方法の他、トラブルの原因や対策する方法を解説。
自分でデータ復旧する方法やトラブルの原因や対策する方法を解説

スキャンディスクとデータ復旧に付いて
スキャンディスクはSystemを正常に機能させる物で、全てのエラーを修正出来る物では有りません。
エラーが修正出来ないと判断されたデータファイルはCHKファイルとして別名保存されます。
別名保存されたファイルはファイル名や拡張子名まで、変更され復旧が困難となり注意が必要です。
更に隠しファイルとして別名保存されますので、全てを表示する設定をしていない人は「データが消えてしまった。」と思う様です。
詳細は下記ページを参照して下さい。
 ScanDiskとデータの復元に付いて

DVDビデオ映像トラブルの原因と復旧方法
【以前は再生出来たDVD映像】 【ファイナライズに失敗した】【記録後の再生が出来ない】 などのビデオレコーダーやビデオカメラ映像のトラブル原因に付いて。
詳細は下記ページを参照して下さい。
 DVDビデオ映像のトラブル原因

データ復旧依頼する場合は当社へ
復旧料金の値引き交渉が出来ます。
お支払いを最大3ヶ月待つ制度が有ります。
データ復旧サービス専門のデータ復旧.comでは、ハードディスク復旧や、各種CD、DVD等メディアのデータ修復復元を行っています。
中でもハードディスク復旧の場合、全体85%を軽度な故障品として復旧させており、他社では修復不可能な重度故障品のデータ復活をさせてきた実績があります。
それらを弊社では、ハードディスクの復旧サービスを他社の1/3以下と安心のリーズナブルな料金と後払い制度で提供しております。
またハードディスク復旧サービスの他、DVDやメモリー等のデータ復旧サービスも行っています。
データ復元率98%以上と、正常に開くことのできない、誤認識するなどのデータ修復なら10年以上のキャリアと実績を持つ、データ復旧.comにお任せください。
仮に復旧出来ない場合は全て無料となります。安心してご依頼ますので、自分では復旧が出来ないと判断した場合は050-3458-5542迄ご遠慮無くご相談下さい。
データ復旧依頼する場合はこちらへ
データ復旧TOPページへ
ハードディスクやメモリーを削除やフォーマットした場合に使用する有名ソフト
★ 紹介ソフトの特徴と注意事項 ★
○削除やフォーマットした場合は、データが上書きされていない限り、データ復元ソフトで比較的簡単に
 復旧出来ます。
○削除やフォーマットの他Windowsが起動しない場合やメールの復元が出来る
○注意として、復元もとへは復旧したデータを書き込み出来ないため、別のハードディスクやメモリーを
 用意しする必要があり、用意した物に復旧したデータを保存します。
○ソフトの多くはハードディスクやメモリー用で、CDやDVD・MOの復元は出来ない事が多い。
○体験版が用意されているソフトも多く、体験版をダウンロードして試す事も可能です。
○フリーソフトに付いてはダウンロードページで紹介しています。

FINALDATA
データ復旧定番ソフト。削除やフォーマットした物の他、Windowsが起動しない場合やメールの復元、エラーが発生した時の修復が行える。
紹介ソフト中一番の高速復旧が可能で、復元率が高い事も評価出来る、壊れたファイル構造の修復率が若手低いのが難点?
データ復旧定番ソフト
○バージョン8.0からウィザード仕様となり初心者でも復旧し易い、個人
 的にお勧め
○FINELDATAを使用しての具体的なデータ復旧方法はデータ復旧を自分で行う復旧支援サイト をご覧下さい。
商品説明やトライアル版ダウンロード: //www.finaldata.jp/index.html

EasyRecovery
データ復旧会社が発売しているソフト、機能はファイナルデータとぼほ同一、少し価格が高め。
商品説明やトライアル版ダウンロード: http://software.ontrack-japan.com/easyrecovery/

完全データ復元PRO2010
復旧率や復元速度はファイナルデータより劣るが、ファイル構造の復元力は多少上で使いやすい。
製品紹介ページ: //www.junglejapan.com/products/sec/pfc/recovery/data/

Dr. Recovery
ファイル構造復旧率が非常に高いが、復旧速度が非常に遅い。上級者にお勧め。
製品紹介ページ: //www.nipponsoft.co.jp/products/drrecovery/
CDやDVD用復旧ソフト
CDやDVDはハードディスクやメモリーとはディスク構造が違うため、専用ソフトが必要です。
追加ミスなどで「容量0バイトのCD」と判断される場合や、ファイナライズに失敗したDVD映像などの復旧には必需品なソフトの紹介。

Nero RescueAgent
Nero8〜10製品内に含まれるソフトで、マルチセッションディスクや、パケット書き込みにも対応でき、削除されたデータおよび古いデータを復元することができます。★トライアル版には含まれていません。
Nero製品紹介ページ: //www.nero.com/jpn/

Roadkil’s Unstoppable Copier
Roadkil's Unstoppable Copierは障害のあるCDやDVDの他、フロッピーやハードディスクからファイルを取り出すことの出来るフリーソフトです。
紹介ページ(英語): //www.roadkil.net/program.php/P29/Unstoppable%20Copier

CDCheck
「CDCheck」は作成したCD/DVDが正常に読み込めるかどうかチェックし、読み取りエラーが発生したメディアから、データを復旧させる物で、経年劣化で読み取れなくなった古いCD/DVDなどの救済にも役に立つ。
紹介ダウンロードページ(英語): //www.kvipu.com/CDCheck/download.php

Bad CD/DVD Recovery
CDやDVD の他 HD DVD、ブルーレイに対応した無料データ復旧ソフトウェアの英語版です。
破損や追加ミスなどのエラーによるCD / DVD / HD DVD / ブルーレイを回復することができます。
紹介ダウンロードページ(英語): http://download.cnet.com/Bad-CD-DVD-Recovery/3000-2248_4-10697118.html

★ハードディスク用ソフト復旧でも可能な場合がある:
フォルダは表示されるが「中身が見えない」「ファイルが開けない」等の現象の場合のみ、ファイナルデータなどのハードディスクとうのソフトで対応出来る場合が有ります。(0バイトのCDと判断される場合はハードディスク用復旧ソフトでは不可能)
ハードディスクの領域を開放した場合
「BPB2MBR2.EXE」を使用します。
領域を開放した物やウイルスにより、MBR書き換えられ「フォーマットしますか?」と表示される物にも有効です。
また、現在のMBRを保存しておく事も出来、RAID構成のハードデスクを使用している人は是非入手したいソフトです。
注意:
 ○MS-DOSでフロッピーで作動させますので、MS-DOSに詳しい上級者向き。
 ○MBRのバックアップが残っている物に限ります。
 ○解放後フォーマットした物は復旧出来ません。
  Disk Salvage Tools サポートのページ
障害検査ツールの紹介
○ハードディスクの物理障害の有無(故障の有無)を検査するツールで、各メーカーより発表されています。
○検査の他、ローレベルフォーマット(物理フォーマット)や不良セクタの修正、静音化が行えます。
○頻繁に再起動する場合や突然フォーマットを要求された場合はこのツールを使用し、ハードディスクに故障が無い事
 を確認する事をお勧めします。
○確認を行わないでの復旧作業はハードディスクの障害を進行させ、二度とデータ復元リカバリー出来なくなる可能性
 が発生します。
HITACHI(IBM)製:Drive Fitness Tes
障害の有無をコードで知らせてくれる。ローレベルフォーマットや不良セクタの
修正も行え、他社のハードディスクの検査も出来る。
物理フォーマットはHitachiとIBM製専用で、故障していると判定されて時のみ
行えます。
復旧前に使用Drive Fitness Test

Western Digital製:Data Lifeguard Tools
HDD診断とユーティリティが、1つで行う事が出来るのが特徴。
他社のハードディスクを作成の障害検査も出来る。 ダウンロードはここ
WesternDigital

Seagate
シーゲイトとMaxtor製HDD用障害検査ツール
Windows版とDos版の2種類が有り、SATA、USB、1394、ATA(PATA/IDE)およびSCSIのHDDドライブの検査が出来る。 SeaTools
Seagatel

コメント:
 昔は全てのハードディスクメーカーがツールが発表していて、ローレベルフォーマットも自由に出来便利でしたが・・・
 現在は数社しかツールは発表していないことから、現在のハードディスクは消耗品との位置づけが伺えます。
メモリー用障害検査ツール
★メモリー不良はWindowsのスキャンディスクでは検査が出来ないため、専用の検査ツールが必要となりす。
○メモリーに不良セクタがある場合、不良部分を使用するまで正常に作動するため、不良品に気付くのが遅れます。
○不良セクタ部分を使用した場合は【文字化け】【正常に開けない】【コピー出来ない】等の様々な現象が発生します。
○新品メモリーでも初期不良品が存在したりする事から、大事なデータを保存する方は特に検査をお奨めします。

Check Flash
○USBメモリーやカードメモリーの信頼性をチェック出来る。
  注意: 全てのデータが消えてしまします。チェックは全てのセクタに書き込みと読み込みを行う方法のため、
 【メモリー内データは全て消えてしまいます。】

 完了後はフォーマットを実行する必要が有ります。 また、検査には多くの時間を要します。  Check Flash

memtest86+
○パソコン内蔵メモリーの不良をチェックするツールです。
○内蔵メモリーは初期不良や長年使って寿命が来て使えなくなる場合が多
 いようですが、数ヶ月使って途中で故障することもあります。
○Windowsセットアップ途中で同じ場所で止まってしまう場合や、頻繁にブル
 ー画面になる場合はメモリーの検査をお勧めします。 memtest86+
PC内メモリーチェック

データ復旧.com: 50-3 Hongoushita Daishen-shi Akita-kin 019-1701,JAPAN
Tel : 050-3458-5542 更新日 : 2014/06/13