CD-R/RW・DVD-R/RW・BD-R/REディスクには経年劣化による寿命

CDやDVDやBlu-rayディスクは印刷物が色あせて行く様に劣化が進行します。劣化が進みドライブでの信号判困難となった時点が寿命と言う事になります。 寿命が有る事を多くの人は知らない事から、原因が「キズ?」「子供が・・」「嫁何かを行った」と勝手に推測、慌てるのが現実の様です。

いつの間にか再生出来なくなった物は寿命が原因

CDやDVDやBlu-rayディスクはデジタル記録だから劣化や寿命は無いと信じている人が多く、いつの間にか再生出来なくなった物の多くはこの劣化による寿命が原因です。
キズが原因と判断する人は多い様ですが、キズが原因の場合は映像がチラツク程度で再生が出来ない事は有りません。大きなキズ場合でも再生が途中で、再生出来ないからと言って研磨は禁物です。

寿命の長さはディスクの品質とドライブとの相性決定

良品質のディスクは劣化速度が遅く寿命が延びます

CD-RやDVD-RやBD-Rディスクには書込に適した回転速度やレザーキャリブレーションの設定等が記載されています。
ドライブがその設定に対応していな場合は最適が書き込みが行われない事から寿命が短くなります。
ドライブとの相性が良いディスクは適切な書き込みが行われ、多少の劣化でも読み取出来、長寿命となります。

国産ドライブと良質国産ディスクの使用推奨

国産ドライブの開発には国産メディアを使用、開発が行われます。
その為、国産ドライブと国産ディスクは相性が良く、更に良質の国産ディスクの使用組み合わせは寿命は大きく延ばす事が出来ます。
良質国産ディスクを国産ドライブで書き込む事で長寿命となります。

ディスク別寿命の長さ

Blu-rayよりはDVD、DVDよりはCDディスクの方が高長寿です。
また、RWやREは消去出来る分、記録面が不安定で劣化速度も早く短命となります。RWやREは一時保存用として開発されたディスクです。RWやREは長期保存には不向きです。

当社データ復旧.COMは、撮影後再生出来なかった映像やファイナライズに失敗した映像、寿命により再生出来ない映像など、一度保存された映像は復旧が可能です。 低料金で復旧出来ますのでお気軽にご依頼頂ければ幸いです。