Blu-rayデータ復旧サービスへ
メモリーデータ復旧サービスへ
データ復旧方法TOPへ

復旧のためにやってはいけない事やトラブル回避に付いて

復旧のために出来る事・やってはいけない事

パソコンに保存している大切なデータを謝って削除してしまった。そんな時、「しまった! とんでもないミスを・・・・」「なんとか元に戻せない物か」と考えると思います。

ここでは復旧を確実に行うために、削除後にやっては行けない事や気を付ける事。

また、削除や予期せぬ故障などのトラブルを回避方法や普段からのバックアップに付いて考えます。

ハードディスクの故障や寿命に備える

ハードディスクがカンカン・コツコツといった異音が出る症状は、物理障害の末期に起こり、この様な場合はバックアップをとることは難しくなります。

故障の前触れとして、パソコンの起動に時間がかかる場合が有りますが、この場合は直ちにバックアップ取り、その後原因を特定する事をお奨めします。

ハードディスクは消耗品で、前触れも無く突然故障する事が多く、普段からのバックアップが重要です。

ハードディスクに限らずメモリーやDVDディスクなどの重要データは普段からバックアップをする習慣が大切となります。

やってはいけない事

Windowsに備えられているCHKDSK(チェックディスク)は、ハードディスクのエラーをチェック出来るものという認識が強いですが、これは誤りです。そのため、ハードディスクが不調だからといってCHKDSK を利用するのは適切とはいえません。

CHKDSKは本来、WindowsのSystemエラーをチェックし修復するためのプログラムで、ファイルやフォルダのエラーチェックの修復可能性は低くむしろ、CHKDSKを実行する事によってエラーファイルはシステム起動に邪魔なファイルとして、FOUNDと言う隠しフォルダに拡張子.chkファイルとして別名保存されてしまいます。この別名保存されたファイルは開く事は出来なく、また元に戻す事が難しくなりますので、行ってはいけません。

また、ハードディスク故障の場合のCHKDSKは、障害進行させるだけではなく、読み込みや書込が正常に出来ない事からデータが破損、二度と復旧出来ない可能性も出てきますので、絶対に行ってはいけない作業です。

他にやってはいけない事としては、「HDDの分解」や「ハードディスクのフォーマット」などが挙げられます

当社では、Blu-rayディスクやDVDディスクの動画映像復旧やデータの復旧、レコーダービデオやメモリービデオカメラの動画復旧など、大切な動画やデータ復旧サービスを格安で行っております。
動画復旧や大切なデータの復旧をお考えの方は、お早めにご相談下さい。

データ復旧方法TOP

データ復旧方法操作ミスや故障、Windowsが起動しない等のトラブル時のデータ復旧方法を、各メディア別に分け復旧方法を紹介

パソコンHDD復旧サービス

image削除やエラー・故障が原因でアクセス出来ないパソコンハードディスクデータ復旧サービス 料金:19,950円~

CD/DVD/データディスク復旧

CD/DVD/データディスク復旧サービス認識しない・ブランクDiskとして認識、開く事が出来ないDVD-R DVD-RW CD-R CD-RW 等のデータディスク復旧サービス
料金:9,450円~

Blu-rayDiskデータ復旧

image削除やフォーマット・操作ミスで消えた・認識しない等のブルーレイ・データ復旧サービス 料金:25,200円~

質問と答え : HDD復旧

imageハードディスク、データ復旧の可能性や復旧サービス申し込みに際する疑問点を質問と答えにまとめました。

ブルーレイビデオ動画復旧

imageディスクを認識しない、再生出来ない、消去した等のBD-RやBD-REのブルーレイビデオディスク動画復旧サービス 料金:25,200円

DVDビデオDisk映像復旧

DVDビデオディスク映像復旧ディスクを認識しない、再生出来ない、追加ミス等のDVD-RやDVD-RWのDVDビデオディスク映像復旧サービス
料金:14,700円